協和設計株式会社は1963年(昭和38年)1月に創立以来「生活と発展の基盤となる社会基盤整備を通して社会に貢献するとともに、当社の安定した発展を達成する」ことを基本理念とし、「誠実に業務を遂行する」ことを行動指針として、堅実に伸展してまいりました。これは、ひとえに納税者や発注者の皆様のご理解とご指導の賜物と深く感謝申し上げます。
現今の我が国の社会・経済情勢は、人口減少と高齢化社会ならびに経済の低成長時代に直面し、社会基盤整備に対する財政上の制約が高まっています。一方、自然現象は年々苛酷化し、施設の老朽が顕在化するなかで安全で安心な空間や社会基盤が脅かされる状況になっています。
安全で快適な国土の建設、新しい都市空間の創造においては、道路・橋梁・上下水道・都市・公園など公共施設の整備にも新たな発想が求められています。
私たち建設コンサルタントには、先人より受け継いだ社会基盤を維持するだけでなく、改良・改善を加えて安全性・快適性・利便性・付加価値を向上させ、次世代に引き渡す社会的な責務の一翼を担う使命があります。
当社は、長期に亘り蓄積した技術力と実績を基にさらに技術の研鑽に励み、高品質のサービスを提供することで社会に貢献していく所存であります。
そして、時代のニーズに応える頭脳・技術集団として、品質方針を尊重し、創造的な企業活動を積極的に推進してまいりたいと考えています。
今後とも、より一層のご指導とご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。